有機ELとは

有機ELディスプレイとは?

有機ELのELとは、Electro Luminescence(エレクトロルミネッセンス)の略で、光や電気などの外部の力を利用して、材料が発光する現象のことです。

「有機EL」とは、エレクトロルミネッセンスを起こす材料が、有機材料であるデバイスのことです。

このエレクトロルミネッセンスを起こす有機材料で作られたディスプレイが、「有機ELディスプレイ」です。

有機ELテレビ
有機ELディスプレイ(OLED:Organic Light Emitting Diode Display)は、有機化合物を利用した自発光型の新世代ディスプレイです。液晶ディスプレイと違い、有機ELディスプレイは、バックライトなどの光源が不要で、電圧をかけるとそれ自体が発光します。

従来のディスプレイと比較して、明るく鮮明、視野角が広い、薄型、広動作温度範囲など、優れた特徴をもったディスプレイとして注目されています。


ホタルの発光と同じしくみ

ホタルのおしりの発光やルビーの赤い輝き、オーロラの発光もルミネッセンスの一種です。

ホタルの体内にあるルシフェリンという発光物質は、酵素の働きで酸化して、酸化ルシフェリンというエネルギーの高い物質に変化します。(励起状態)

このエネルギーの高い酸化ルシフェリンが、元の状態(基底状態)に戻るときに、エネルギーが放出され発光します。

有機EL発光のしくみ