オール電化比較なび

最新情報

オール電化住宅のエコキュートって何?

オール電化住宅というのは、普通の住宅でガスを使う部分をすべて電気設備に替えてしまうことですよね。
オール電化住宅では、ガスコンロをIHクッキングヒーターにして、ガス湯沸かし器を電気温水器にします。
でも、よく耳にするエコキュートって何なのでしょう?
エコキュートは電気温水器なのですが、従来の電気温水器とは違います。
エコキュートという名前は、商品名ではありません。
「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器」の総称です。

従来の電気温水器は冷媒にフロンガス、または代替フロンを使用していました。
エコキュートはフロンガスを使用せず、二酸化炭素も排出しない、エコロジーな電気温水器なのです。
「エコロジーな給湯器」ということから、エコキュートと名前が付きました。
エネルギー効率も従来の電気温水器よりも高くなりました。
エコキュートは、空気でお湯を沸かします。
簡単にシステムを説明すると、大気の熱を利用して熱を作り、その熱でお湯を沸かします。
冷房の逆と言えば分かりやすいでしょうか。
この原理を「ヒートポンプ」と言います。

エコキュートは、お湯を沸かす「ヒートポンプ・ユニット」と沸かしたお湯を貯めておく「貯湯タンク・ユニット」の二つの設備に分かれます。
(二つの設備が一体化しているエコキュートもあります)
ヒートポンプ・ユニットで沸かした高温のお湯を貯湯ポンプ・ユニットに貯めておきます。
お湯は深夜の安い電力を使って沸かします。
そして、その沸かしたお湯を翌日使います。
沸かしたお湯は90℃と非常に高温ですので、使う時に水道水と混ぜて使います。
実際には、ポンプに貯めてあるお湯の2倍はお湯が使えることになります。

エコキュートの利点は、まず、電気料金を減らせることです。
オール電化住宅向けの、深夜電力が安い電気料金のコースを契約します。
そして、その安い深夜電力を使えば、電気料金は少なく済むのです。
また、エコキュートを導入するのに国から補助金が出ます。
(平成19年度では一般家庭で一律45,000円です)

メーカーは、三菱、東芝、ダイキン、コロナなどから出ています。

欠点としては、深夜に沸かしたお湯を、あまりたくさん使ってしまうと、お湯が切れてしまう場合があります。
設置する時に、家族人数に合わせた大きさのエコキュートを設置すれば大丈夫です。
しかし、日頃から、お風呂は一度に入ってしまうなどの配慮が必要かもしれません。

また、深夜にお湯を沸かしますので、騒音で近所に迷惑を掛けないかどうかにも気を配る必要があります。

カテゴリー:オール電化住宅

オール電化住宅のデメリット

これからオール電化住宅にしようと考えている方にとって、一番気になるのは、オール電化住宅にしたことでメリットだけではなく、デメリットがあるかどうかです。
オール電化住宅について、色々なところでメリットが言われていますが、はたして、デメリットはあるのでしょうか?

オール電化住宅のデメリットとして、使用する機器本体のお値段が高いことが挙げられます。
オール電化住宅の初期費用は、金額にすると、ガス器具設備にした場合の3倍から6倍にもなります。
ガス器具設備よりも高く払った分を取り戻すのにはだいたい7年以上かかるかもしれません。

オール電化住宅にすると、給湯設備はエコキュートを設置することになります。
エコキュートは家族の人数が多いほど、大きいものを設置する必要があります。
沸かしたお湯をたくさん貯めておくタンクになりますので、大きくて重い設備になってしまいます。
お湯を入れたタンクの重量に耐えられる基礎工事をする必要があります。
それから、タンクは大きいので、スペースを結構取り、邪魔かもしれません。

IHクッキングヒーターは、火を使わないので部屋の空気を汚さないように思えますが、料理をすれば水蒸気が出ますし、油もはねます。
換気扇はIH専用の換気扇を設置することになります。
リフォームですと、換気扇も取り替えなければなりません。
また、IHクッキングヒーター対応の鍋しか使えません。
ガスで使っていた鍋の大半が使えなくなってしまう可能性があります。
炒め物をするときには、鍋をゆすったりすることができませんので、料理がお好きな方には物足りなく感じてしまうでしょう。

オール電化住宅によってメリットが得られるのは、夜間の電気料金が割引になる時間に電気を使用する場合ですが、昼間の電気使用が多い家庭では、そのメリットが生かせず、かえって割高になります。
本来、光熱費を節約する目的でオール電化住宅にしたはずが結構高くついた、ということも考えられます。

オール電化住宅においての一番のデメリットは、停電してしまった時でしょう。
電気が止まってしまうと、家の全ての機能が麻痺してしまいます。
冬でしたら、暖房ができなくて困ってしまいます。
まさかの時に備えて、カセットコンロと石油ストーブを用意しておく必要があります。

これからもっと増える?オール電化マンション

オール電化マンションとは、単純にガス設備のないマンションのことです。
今までガスでまかなっていた設備を、全て電気で行います。

近年、オール電化マンションの数は増えてきましたが、全体的に見ると、まだまだオール電化マンションの割合は低く納まっています。

傾向としては、オール電化マンションは高層マンションに多く見受けられます。
集合住宅ですので、ガス漏れやガス爆発が万一起こった場合、とても危険です。
安全という意味でも、高層階マンションに多いことは納得できますね。

オール電化住宅に比べ、オール電化マンションの普及が遅れている理由の一つは、既にある従来型のマンションをオール電化マンションにリフォームすることが難しいことです。
オール電化住宅の設備は、200ボルトの専用線が必要になります。
200ボルトが部屋まで来ていなければ、引き込みをしなければなりません。
オール電化マンションに住むには、オール電化マンションの物件を選ぶことが、一番簡単な方法ですね。

また、オール電化マンションを建設するには、コストがかかります。
コストのかかるオール電化マンションを業者が作りたがらない、ということがあり、あまり普及しないのです。
マンション業者にとっては、従来型の電気とガス併用のマンションを建設する方が、コストが抑えられ、マンション価格も安くできるのです。

しかし、オール電化の住宅自体が増えているので、これからオール電化マンションの数は増えていくでしょう。

オール電化マンションのメリットとしては、光熱費が電気だけになり、しかも、努力次第で電気料金をかなり安く抑えることができます。
ガスを使用しませんので、ガスの基本料金も使用料金もかかりません。
ガス漏れやガス爆発の心配がありません。
部屋の空気を汚しませんので、クリーンで快適です。
暖房に関しても、マンションの方が高気密・高断熱性が高いので、オール電化住宅のメリットが出やすいです。

ただ、電気は時間を気にせず、やみくもに使っていると、電気料金の請求が来てギョっとすることになるかもしれません。
電気料金を安く抑えるには、電気を使用する時間の配慮が必要です。
安くする方法としては、電力会社の夜間電力を割引するコースに契約して、極力、夜の電気を使うことです。

また、オール電化住宅製品の電磁波が心配という声が多く聞かれますが、各電力会社は他の家電と同じレベルと報告しています。

カテゴリー:オール電化住宅

オール電化住宅のメリット

近頃話題のオール電化住宅。家を新築する方や、リフォームを考えている方には気になりますよね。
オール電化住宅って、そんなにお得なのでしょうか?
オール電化住宅のメリットについて、考えます。

オール電化住宅の一番のメリットは、火を使わないということです。
キッチンではIHクッキングヒーターを使用するので、何も燃えず、空気が汚れません。
ガス漏れやガス爆発の心配がありませんので、安全です。
調理をすれば、水蒸気は出ますが、発生量を最小限に押さえることができます。
夏場の調理でも、火の熱によって室内温度を上げることもなく快適に調理できます。
汗をかきながら、熱いキッチンで調理をしなくてもいいのです。

オール電化住宅は家の中の結露の発生を押さえることができますので、カビの発生を極力抑えます。
健康のことを考えると、カビが発生しにくいことは良いことですね。
また、二酸化炭素を発生させないことは、地球環境への配慮になります。

オール電化住宅のもう一つのメリットは、省エネルギーです。
オール電化製品の中で、一番省エネルギーなのは、エコキュートです。
割引になる夜間電力を使ってお湯を沸かすので、経済的です。
「ヒートポンプ」という温熱方式を採用していますので、従来の燃焼式給湯器に比べて、約30%のエネルギーの節約になります。
また、「ヒートポンプ」は、二酸化炭素の排出量を約50%減らすことができます。
フロンガスを使用していませんので、オゾン層保護に貢献できます。
省エネルギーであり、しかも地球温暖化対策とオゾン層保護に役立つ、非常に優れた電気温水器なのです。

エコキュートを導入するご家庭には、申請すれば補助金が出ます。
これも魅力的ですね。

また、災害時には、貯湯タンクの水が生活用水として使えます。

オール電化住宅に太陽光発電を併せて使えば、もっと経済的になります。
太陽光をエネルギーに替えて住宅で電気として使用します。
初期設備のコストがかかりますが、電気料金がグッと減ることになります。
また、太陽光発電にも補助金制度があります。

カテゴリー:オール電化の費用

オール電化住宅にリフォームするにはいくらかかる?

オール電化住宅にリフォームしたいけど、費用が気になるという方は多いでしょう。
オール電化住宅にリフォームするには、ガスコンロをIHクッキングヒーターに、給湯器を電気温水器、またはエコキュートにします。

IHクッキングヒーターはビルトインタイプですと、本体はだいたい15~35万円くらいです。
工事費が5~10万円くらいかかりますので、20~45万円で導入できます。
(工事費には、専用回路配線工事、ガス台撤去処分、ガス閉栓工事、諸経費を含みます)

電気温水器はエコキュートを選ぶと良いでしょう。
エコキュート本体の価格は、だいたい45~80万円くらいです。
家族人数によって、大きさと価格が変わります。
工事費は10~15万円と考えると、55~95万円で導入できます。
(工事費にはエコキュート設置工事費、電気工事費、発生廃材処分費を含みます)
エコキュートは価格が高めですが、ランニングコストが抑えられるので、長く使っているうちに元が取れることになります。

また、オール電化住宅にリフォームすると、ガスを解約することになりますので、暖房も電気ですることになります。
電気の暖房は、色々ありますが、オール電化住宅でポピュラーなのは、蓄熱式暖房と床暖房です。
床暖房にもいろいろ種類がありますが、最近では、既にある床の上に設置できる上張りタイプもあります。
その場合は、床を張り替えずに済みますが、床が痛んでいないことが条件です。
費用は床材が40~65万円です。
工事費がだいたい10~15万円です。
(工事費には床暖房設置工事費、電気工事費、専用回路配線工事費を含みます)
合計50~80万円で導入できます。

一般家庭の電圧は100ボルトですが、オール電化住宅では200ボルトの電源が必要になります。
そのための電気配線が必要ですので、なければ引き込むための工事をすることになります。

リフォームの費用は決して安くはありませんが、経済性、安全性、快適性などを長い年月で考えると、利点はたくさんあります。
ご家族のライフスタイルに合ったオール電化住宅のリフォームを行うと良いでしょう。

カテゴリー:オール電化の費用

オール電化住宅で光熱費を減らす

光熱費は生活していれば、どうしてもかかるものですよね。
そして、努力次第で安く抑えることができるものです。
なるべく安く抑えたい。
それを実現するのが、オール電化住宅です。

まず、オール電化住宅にすれば、光熱費が電気料金だけになります。
光熱費は電気とガスと灯油の併用が一般的です。
しかし、電気とガスは、両方使っていると、両方の基本料金と使用料金がかかります。
普通にはそんなの当たり前と思っていましたが、現在はオール電化住宅にしてガスを解約するという選択肢があるのです。

オール電化住宅にするには、ガスレンジ台をIHクッキングヒーターにし、ガス給湯器をエコキュートという電気温水器に替えることになります。
更に、暖房器具を電気式のものにします。
IHクッキングヒーターは200ボルトの電気を使用しますので、専用の引き込み線をすることになります。

200ボルトなんて、電気代が高くなりそうですが、どうなのでしょう。
契約している料金プランにもよりますが、200ボルトの電気料金は実際には都市ガス使用料金とあまり変わりません。
それから、夏場に火を使わない調理ができますので、部屋の温度が上がらず、冷房の設定温度を低くする必要もありません。
IHは熱効率が良いので、調理時間が早く済みます。
そのような点から考えても、電気代の節約になりそうですね。

エコキュートは割安な夜間の電気を使ってお湯を沸かしますので、これでかなりの電気料金を減らすことができます。
従来の電気温水器に比べて、約30%のエネルギーが節約できます。
安い電気料金を使えるなら、だいぶ電気代は減らせそうです。
(電気会社に割引きプランがありますので、契約が必要です)

更に光熱費を安くするには、太陽光発電を併用する方法があります。
太陽光をエネルギーに替えるので、電気代はゼロ。
電気が足りなければ、電気会社から来ている電気を使いますが、電気が余ってしまったら、電気会社に売ることができます。
もちろん、すべての設備を設置するには初期費用がかなりかかってしまいます。
支払った分をすべて取り戻すのには、7年くらい必要かもしれません。

カテゴリー:オール電化の電気代

オール電化住宅の標準になりつつある床暖房

オール電化住宅のメイン設備は、キッチンのIHクッキングヒーターと、電気温水器のエコキュートですが、電気式の床暖房も気になります。

日本では、まだ床暖房はあまり普及していませんし、まだ一般的な暖房スタイルではありませんが、近年、オール電化住宅にするご家庭が増え、新築マンションでも床暖房設備が標準で付いているのが普通になりました。
オール電化住宅での床暖房は経済的にはどうなのでしょうか?
すでに設備が付いている住宅やマンションを購入するのが手っ取り早いですが、既存の住宅にリフォームで床暖房をつけるとしたらどうなのでしょう。
リフォームで床暖房をつけるには、床を張り替えなければなりませんので、大がかりなリフォームが必要になります。
最近は、既にある床を利用して、その上に熱源を取り付ける上張りのものもあります。
その場合は、床が痛んでいないことが条件です。

床暖房には種類があります。
ヒートポンプ温水式、電熱線式、自己温度制御式、蓄熱式などです。
初期費用が安いのは電熱線式です。
リフォームが簡単にできるのは、自己温度制御式です。
ランニングコストが安いのは蓄熱式です。
また、蓄熱式は24時間の暖房ができるので、寒冷地に向いています。

床暖房は体にも良さそうですが、実際はどうなのでしょう。
床を暖めるだけで本当に暖かいの?と思いませんか?
床暖房は、実は快適なのです。
エアコンやファンヒーターなどの暖房器具で部屋を暖めているときに、顔がやたらほてってしまい、あわてて設定温度を下げたりしたことはありませんか?
フローリングのお部屋では、足下が冷え冷えしませんか?

熱い空気はどんどん上に昇っていく性質があります。
せっかくお部屋を暖めても、天井付近ばかりが暖まって、足下は冷えた空気が下がってきてしまうのです。
足下が冷たいと寒く感じるので、つい、暖房の設定温度を上げてしまいます。
設定温度を上げると、また熱い空気がどんどん天井付近に流れていき、やがては顔の辺りから上が熱い空気で満たされてしまいます。
そして、腰から下は寒くて首から上は熱いという現象が起こるわけです。
床暖房ですと、まず、足下から暖かくなってきます。
そして、部屋の温度が均一に保つことができるのです。

デメリットとしては、暖房の即効性がないことです。
暖まるまでに少し時間がかかってしまいます。
また、停電になった時はもちろんですが、使えません。
予備に石油ファンヒーターなどを用意して置いた方が良いでしょう。

カテゴリー:オール電化住宅

オール電化と太陽光発電で更なるエコロジー&エコノミー生活

オール電化住宅に住むメリットは、光熱費が電気料金のみになることと、経済的な電気料金のコースを利用して電気代を極力抑えることができることです。
更に、省エネルギーでしかも二酸化炭素を排出しないので、地球環境保護に貢献しています。
それは、とても素晴らしいことです。

でも、更に光熱費が少なくなり、しかももっとエコロジーな生活ができるってご存じですか?
それは、オール電化住宅に太陽光発電を併用することです。

太陽光発電(ソーラー発電とも言います)は、屋根に太陽光線をエネルギーに替える太陽光モジュールというパネルを設置して、発電します。
エコロジーな電力として、公共施設などで使われています。
ソーラーカーなんてものもありますね。
この太陽光発電を住宅に取り付けるのです。

最近は、セキスイハイムで、「光熱費ゼロ」を謳った宣伝をしています。
ゼロとはいかなくとも、太陽光発電で、光熱費を驚くほど減らすことができます。
しかも、太陽光発電で発電した電気が余ってしまえば、その電気を電力会社に売ることができるのです。
エネルギーが無駄になりませんし、電気を作ることが楽しくなりますね。

太陽光発電の難点は、天気に左右されることです。
それから、夜は発電できません。
電気が足りない分は、電力会社の電気を使うことになります。
でも、夜の安い電気を使えば大丈夫です。
家は高気密高断熱にすると、室内の冷暖房の効果を上げることができて、省エネルギーになります。

太陽光発電の設置には、工事費を含めて、だいたい200万円くらいかかるようです。
オール電化住宅と太陽光発電、更に、高気密高断熱と、すべてのリフォームをするには、かなりの費用がかかってしまいます。
既にある家をリフォームするよりも、セキスイハイムのように、新築時にオール電化住宅+太陽光発電と決めておくのが良いようです。

カテゴリー:オール電化のメリット

オール電化住宅で使う電気式の暖房について

オール電化住宅では、夏はもちろんエアコンを使いますが、冬はどのような暖房にしたら良いのでしょう。

電気式の暖房の良さは、空気を汚さないことです。
燃焼系の暖房器具ですと、どうしても火を燃やすので、空気が汚れますし、換気を十分にしなければいけません。

電気を使った暖房の方法は、大きくは3種類に分けることができます。

一つ目は、空気全体の温度を上げる暖房です。
暖まった空気を風で送りますので、即効性があります。
エアコンやセラミックファンヒーターがこれになります。
エアコンは即効性があり、暖房としてはとてもポピュラーです。
最近のエアコンはだいぶ進化し、天井付近と床付近の温度差が減らされる工夫がされているものも出てきました。
難点は、空気が乾燥しやすいことです。
乾燥は身体に良くありませんので、加湿器を併用すると良いでしょう。
セラミックファンヒーターには加湿機能が付いた便利な物もあります。

二つ目は、赤外線を使った暖房です。
この暖房方法は風の対流がないので、軟らかい暖かさが部分的に作用します。
電気ストーブやハロゲンヒーター、こたつなどがこのタイプになります。
この暖房のみでは狭い部屋なら良いですが、広い部屋を暖めるには不向きです。
広い部屋では、部屋全体を暖める暖房と併用して使うことになるでしょう。

三つ目は、熱を発するものを身体に接触させて暖めるもの。
電気カーペットや電気毛布がこれになります。
部屋全体を暖める暖房と併用して使います。

オール電化住宅の暖房で一般的になりつつあるのが、床暖房と蓄熱式暖房です。
床暖房は、足下から徐々に暖まる、理想的な暖房ですが、リフォームをする場合に工事が大がかりになることと、すぐには暖まらないのが難点です。
蓄熱式暖房は、夜間の安い電気を使用して熱を蓄え、蓄えた熱を翌日使うタイプです。
蓄熱式暖房は24時間暖房ができ、寒冷地に向いています。

オール電化住宅にせっかくするのでしたら、効果的な暖房を1つだけ使用して、電気代を節約するようにすると良いですよね。

カテゴリー:オール電化住宅

オール電化住宅は停電の時は大丈夫?

オール電化の新築住宅を購入したい、または、家をオール電化住宅にリフォームしたい。
でも、停電の時はどうしたらいいの?と心配ではありませんか?

家の全てのエネルギーを電気にしてしまったら、停電の時は何も使えなくなると思いますよね。

料理はIHクッキングヒーターだから、停電時は残念ながら使えません。
まさかの時のために、カセットコンロを予備に用意しておくとよいでしょう。

お湯はつかえるの?
お湯は電気給湯器の貯湯タンクにお湯が残っていれば、そのお湯が使えます。
(ただし、飲むことはできません)
しかし、ガス給湯設備でも、スイッチは電気式を採用しているので、停電時はどちらにしても使えないことになります。

暖房はどうしたら良いでしょう?
暖房は残念ながら使えません。
まさかの時のために、石油式のストーブなどを用意しておくとよいでしょう。
石油ストーブや石油ファンヒーターでも、電気がなければ使用できないものがありますので、電気の要らないものを用意しておきましょう。

近年、大規模な地震が相次いで起き、災害に対しての様々な教訓が生まれました。
中でも、ライフラインが断たれると非常に困るので、その対策が必要です。
日頃から停電時や断水時にどうしたらよいかを考えておかなければいけません。

エコキュートなどの電気温水器によるメリットとしては、お湯をいつも貯めておくということでしょう。
ポンプに貯めてあるお湯は使い切っていなければ温かいですし、生活用水として利用できます。
ただし、飲用はできませんので注意しましょう。
飲用には災害時のために飲用水を用意しておきましょう。

また、オール電化住宅ですと、電気と水道が復旧すれば、ほぼ元の生活ができます。
ガスが止まっていても、電気さえあれば大丈夫です。

どんなスタイルの家に住んでいても、災害は心配です。
日頃からの備えが大切ということです。