オール電化のメリット:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化と太陽光発電で更なるエコロジー&エコノミー生活

オール電化住宅に住むメリットは、光熱費が電気料金のみになることと、経済的な電気料金のコースを利用して電気代を極力抑えることができることです。
更に、省エネルギーでしかも二酸化炭素を排出しないので、地球環境保護に貢献しています。
それは、とても素晴らしいことです。

でも、更に光熱費が少なくなり、しかももっとエコロジーな生活ができるってご存じですか?
それは、オール電化住宅に太陽光発電を併用することです。

太陽光発電(ソーラー発電とも言います)は、屋根に太陽光線をエネルギーに替える太陽光モジュールというパネルを設置して、発電します。
エコロジーな電力として、公共施設などで使われています。
ソーラーカーなんてものもありますね。
この太陽光発電を住宅に取り付けるのです。

最近は、セキスイハイムで、「光熱費ゼロ」を謳った宣伝をしています。
ゼロとはいかなくとも、太陽光発電で、光熱費を驚くほど減らすことができます。
しかも、太陽光発電で発電した電気が余ってしまえば、その電気を電力会社に売ることができるのです。
エネルギーが無駄になりませんし、電気を作ることが楽しくなりますね。

太陽光発電の難点は、天気に左右されることです。
それから、夜は発電できません。
電気が足りない分は、電力会社の電気を使うことになります。
でも、夜の安い電気を使えば大丈夫です。
家は高気密高断熱にすると、室内の冷暖房の効果を上げることができて、省エネルギーになります。

太陽光発電の設置には、工事費を含めて、だいたい200万円くらいかかるようです。
オール電化住宅と太陽光発電、更に、高気密高断熱と、すべてのリフォームをするには、かなりの費用がかかってしまいます。
既にある家をリフォームするよりも、セキスイハイムのように、新築時にオール電化住宅+太陽光発電と決めておくのが良いようです。

カテゴリー:オール電化のメリット

利用者も大満足 オール電化住宅のメリット

某電力会社の調査によると、新築戸建ての約3分の1がオール電化住宅を選択しています。
これだけものすごい勢いで普及していっているオール電化住宅。
支持されるにはそれなりの理由があるようです。

オール電化住宅の最大のメリットはやはり、「火を使わないから安全」ということでしょう。
季節的なことも大きく関係していると思いますが、最近、火事のニュースが絶えません。
被害にあうのは、高齢者や小さなお子さん。
オール電化住宅のIHクッキングヒーターなら、一人暮らしをしているお母様や、お子さんとの調理も安心です。
また、火を使わない、ということはほかにもメリットがあります。
火が燃えるときには、二酸化炭素などの排気が必ず出ます。
オール電化住宅のおうちは、この排気がないので、家の中の空気をきれいに保つことが出来るのです。

もうひとつのメリットは、経済的、ということ。
まず単純に、ガスを使わないのでガス会社への基本使用量が必要なくなるのは皆さんご存知のところ。
オール電化住宅にすると、電気料金のお安くなる深夜電力を効率的に使用する仕組みになっているので、より無駄のない光熱費になります。
さらに、前述した、「排気が少ない」というメリットは、経済面でもメリットになります。
排気が少ないということは、換気扇の使用頻度が減るので、冷暖房の効果が高くなります。
結果的にさらに電気代がお得になるのです。

利用者の95%以上がオール電化住宅に満足しているとか。
この事実こそが、オール電化住宅のメリットが単なる宣伝文句ではないことを裏付けていますね。

カテゴリー:オール電化のメリット

オール電化住宅にするけれど・・・床暖房は必要?

キッチンは魅力的なIHクッキングヒーターに、給湯器は地球にもお財布にも優しいエコキュートに。
オール電化住宅にするけれど、暖房器具はエアコン、こたつ、それにホットカーペットがあるからそれで充分、と思っている方、ちょっと持ってください。

せっかくオール電化住宅に踏み切るのなら、ぜひ一考していただきたいのが床暖房。

最近建てられているマンションのほとんどが、標準設備として取り入れているほど床暖房が普及しているには、それなりのわけがあるからなんです。
それは、「床暖房は他の暖房器具では得られない快適さがある」というユーザーの声なんです。

現在の暖房器具の主流である、エアコンや石油ファンヒーターは、温かい「風」を吹き出して部屋を温めます。
風が吹けば、床のホコリやペットの抜け毛は舞いますし、風を浴び続けるとのどが痛くなってきたりします。
特にエアコンは頭上から温風が吹き出してくるので、どうしても重量の軽い温かい空気は上のほうに溜まりがちになります。
足元は寒いのに、頭はボーっとするほど温かい経験をされている方は多いんじゃないでしょうか?

では、ホットカーペットでよいのでは?と思いがちですよね。
でも、床暖房は部分的ではなく、床一面が暖房器具になるので、部屋全体を温めることができます。
さらに、床そのものが暖房なので、部屋の中がすっきりします。

小さなお子さんが、カーペットのヘリにつまずいて転んだりしている光景、見かけませんか?
先日、とあるテレビ番組で、高齢者の方がカーペットに足を引っ掛けて転び、骨折してしまうケースもある、といっていました。
床暖房ならそんな危険も回避できます。

施工費はかかってしまいますが、この上ない快適さと安全を得られる床暖房。
オール電化住宅にぜひ取り入れてみてください。

カテゴリー:オール電化のメリット

もう鍋を選びません IHクッキングヒーター

寒い冬の季節。
おでんにキムチ鍋、ちゃんこ鍋・・・など、この時期大活躍するのが土鍋ですよね。
オール電化住宅にはとっても関心があるけれど、IHクッキングヒーターじゃ土鍋は使えないものねぇ・・・。
そこがネックになってオール電化住宅を躊躇してしまうのはもったいない!!

確かに、IHクッキングヒーターには使える鍋と使えない鍋があり、土鍋もそのひとつとされてきました。
しかし、普及率は増える一方のオール電化住宅やIHクッキングヒーター。
今では、専門店にいかなくてもホームセンターなどでIH対応のお鍋を購入できるようになりました。
その中に、土鍋もちゃんとあるんですよ。

でも、結局鍋を買い換えなくてはいけないんでしょ?
という不満の声にお答えして、最近では、お手持ちの鍋をすべて使えてしまう画期的なIHクッキングヒーターが登場してきています。
オールメタル対応のIHクッキングヒーターなら、今までタブーとされていた銅やアルミ素材の鍋も使えるようになりました。
お鍋って、そうそう壊れたり痛んだりすることがないので、長年使っているものも多く、愛着がわいてくるものです。
それを従来どおり使えるのはうれしいですよね。
「メタル」ではない土鍋は、やはり買い換えるしかないかというと、そんなことはありません。
加熱箇所が3口以上ついているIHクッキングヒーターの場合、1口だけ発熱の仕組みが異なる「ラジエントヒーター」になっているものがあります。
このラジエントヒーターは調理器具を選びませんので、土鍋はもちろんのこと、網でお餅やするめをあぶることだってできます。

IHクッキングヒーターは調理器具を選ぶ、というのは、もう過去のことになりつつあるのですね。

カテゴリー:オール電化のメリット

築100年でも可能?オール電化リフォーム

定年後は田舎でのんびり自給自足生活とか、子育ては子どもがのびのびと走り回れる田舎でなど、田舎暮らしにあこがれて移住する人が増えてきました。
そんな中、新しい住まいとして、田舎の風景にしっくり溶け込んだ古民家をあえて選択する人も増えています。
古民家というだけに、建物や設備器具の老朽化は激しく、改修や改装などのリフォームは古民家に住むための必須条件となってきます。

古民家とオール電化住宅。
この時代のかけ離れた二つを同時にかなえてしまうことができるってご存知ですか?
「古民家のリフォームにオール電化住宅は無理」と、なんとなくイメージ的に思ってしまいがちですが、全然そんなことはないんです。

そもそもオール電化住宅にするための絶対条件は、「家に電気がとおっていること」です。
いくら田舎暮らしを希望しているとはいえ、今の時代、電気の通っていない所を見つけることのほうが困難なくらい電気は隅々まで普及しています。

これ以外に、オール電化住宅にリフォームするための条件は2つ。
ひとつは契約アンペア数が足らない場合、アンペア数をあげることができること。
要は、家の中でたくさんの電気を使うことができるように、電気供給元を強化することができること、ということです。
昔は今ほど電気に頼らない暮らしをしていたので、古民家の場合、供給される電気量が少なく設定されている可能性が高いと考えられます。
この問題は、管轄の電力会社に問い合わせをして、幹線工事が可能であれば古民家だからといってなんら問題はありません。

もうひとつは地盤の問題です。
給湯器をエコキュートにするとなると、本体のほかに貯湯タンクが必要になってきます。
タンクは370~460Lの水を貯めるので、本体の重さ約100kg+タンクの重さ370~460㎏に耐えうる地盤が必要ということです。
古民家の場合、床の老朽化も進んでいるでしょうから、タンクを置く置かないの問題以前に床の張替えが必要になっていると考えられます。
張替えの段階で、地盤のことも考慮しておけば、この問題もクリアできそうです。

以上2点をクリアしてしまえば、古民家でのオール電化住宅暮らしは充分実現可能なお話なんですね。

カテゴリー:オール電化のメリット

火力を確かめて 手軽な卓上用IHクッキングヒーター

オール電化に関していろいろと情報収集して、疑問は解消できたけど、やっぱりオール電化に踏切るのは少し不安…。

文字による情報は、資料やインターネットで比較的簡単に得られますが、実際に使ってみないとわからないことってありますよね。

特に、キッチンに立たれる奥様にとって、IHクッキングヒーターの火力の実力は確かめておきたいところです。

オール電化住宅を模擬体験!とまではいきませんが、卓上用IHクッキングヒーターなら、お手軽にIHクッキングヒーターを試してみることは可能です。

卓上だからといって、鍋料理やお好み焼きなどだけにとどまらず、ガスコンロの代用品として使ってみましょう。

IHクッキングヒーターは、煮込み調理中に吹きこぼれても火が消えることがないから安心、吹きこぼれた汚れもさっとふき取れるからお手入れが簡単など、煮込み料理には向いていると宣伝されています。

火力が決め手の炒め料理にも是非チャレンジしておきたいところですね。

自分で納得するまで試すことができたら、オール電化住宅への不安はかなり解消されるはずです。

実力に充分満足できて、ガスコンロをIHクッキングヒーターに切替えることになっても卓上用IHクッキングヒーターは無駄にはなりません。

カセットコンロと同じように、食卓ですき焼きやおでんなどの鍋を囲むときに大活躍します。
また、火を使うカセットコンロではできなかった「卓上天ぷら」も楽しめそうです。

燃料不足で慌ててカセットを買いに走る手間もなくなり、また、コンパクトに本体を立てて収納できるのも便利です。

こう考えると、卓上用IHクッキングヒーターは、オール電化住宅を検討中の方だけでなく、すでにオール電化住宅にお住まいの方にも、またそうでない方にも魅力的なのかもしれませんね。

カテゴリー:オール電化のメリット