オール電化の費用:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅のメリット

近頃話題のオール電化住宅。家を新築する方や、リフォームを考えている方には気になりますよね。
オール電化住宅って、そんなにお得なのでしょうか?
オール電化住宅のメリットについて、考えます。

オール電化住宅の一番のメリットは、火を使わないということです。
キッチンではIHクッキングヒーターを使用するので、何も燃えず、空気が汚れません。
ガス漏れやガス爆発の心配がありませんので、安全です。
調理をすれば、水蒸気は出ますが、発生量を最小限に押さえることができます。
夏場の調理でも、火の熱によって室内温度を上げることもなく快適に調理できます。
汗をかきながら、熱いキッチンで調理をしなくてもいいのです。

オール電化住宅は家の中の結露の発生を押さえることができますので、カビの発生を極力抑えます。
健康のことを考えると、カビが発生しにくいことは良いことですね。
また、二酸化炭素を発生させないことは、地球環境への配慮になります。

オール電化住宅のもう一つのメリットは、省エネルギーです。
オール電化製品の中で、一番省エネルギーなのは、エコキュートです。
割引になる夜間電力を使ってお湯を沸かすので、経済的です。
「ヒートポンプ」という温熱方式を採用していますので、従来の燃焼式給湯器に比べて、約30%のエネルギーの節約になります。
また、「ヒートポンプ」は、二酸化炭素の排出量を約50%減らすことができます。
フロンガスを使用していませんので、オゾン層保護に貢献できます。
省エネルギーであり、しかも地球温暖化対策とオゾン層保護に役立つ、非常に優れた電気温水器なのです。

エコキュートを導入するご家庭には、申請すれば補助金が出ます。
これも魅力的ですね。

また、災害時には、貯湯タンクの水が生活用水として使えます。

オール電化住宅に太陽光発電を併せて使えば、もっと経済的になります。
太陽光をエネルギーに替えて住宅で電気として使用します。
初期設備のコストがかかりますが、電気料金がグッと減ることになります。
また、太陽光発電にも補助金制度があります。

カテゴリー:オール電化の費用

オール電化住宅にリフォームするにはいくらかかる?

オール電化住宅にリフォームしたいけど、費用が気になるという方は多いでしょう。
オール電化住宅にリフォームするには、ガスコンロをIHクッキングヒーターに、給湯器を電気温水器、またはエコキュートにします。

IHクッキングヒーターはビルトインタイプですと、本体はだいたい15~35万円くらいです。
工事費が5~10万円くらいかかりますので、20~45万円で導入できます。
(工事費には、専用回路配線工事、ガス台撤去処分、ガス閉栓工事、諸経費を含みます)

電気温水器はエコキュートを選ぶと良いでしょう。
エコキュート本体の価格は、だいたい45~80万円くらいです。
家族人数によって、大きさと価格が変わります。
工事費は10~15万円と考えると、55~95万円で導入できます。
(工事費にはエコキュート設置工事費、電気工事費、発生廃材処分費を含みます)
エコキュートは価格が高めですが、ランニングコストが抑えられるので、長く使っているうちに元が取れることになります。

また、オール電化住宅にリフォームすると、ガスを解約することになりますので、暖房も電気ですることになります。
電気の暖房は、色々ありますが、オール電化住宅でポピュラーなのは、蓄熱式暖房と床暖房です。
床暖房にもいろいろ種類がありますが、最近では、既にある床の上に設置できる上張りタイプもあります。
その場合は、床を張り替えずに済みますが、床が痛んでいないことが条件です。
費用は床材が40~65万円です。
工事費がだいたい10~15万円です。
(工事費には床暖房設置工事費、電気工事費、専用回路配線工事費を含みます)
合計50~80万円で導入できます。

一般家庭の電圧は100ボルトですが、オール電化住宅では200ボルトの電源が必要になります。
そのための電気配線が必要ですので、なければ引き込むための工事をすることになります。

リフォームの費用は決して安くはありませんが、経済性、安全性、快適性などを長い年月で考えると、利点はたくさんあります。
ご家族のライフスタイルに合ったオール電化住宅のリフォームを行うと良いでしょう。

カテゴリー:オール電化の費用

オール電化にするのにどれくらいの費用がかかる?

最近は原油高で、光熱費がかさみます。
光熱費を節約したいと思うけど、何かいい方法はないでしょうか。

最近、家を新築、またはリフォームを考えていて、オール電化住宅が気になる。
オール電化住宅って経済的という触れ込みだけど、初期費用が結構かかりそう・・・。
気になるけど、そのへんどうなの?

そんなことをお思いの方は結構いらっしゃるでしょう。

オール電化住宅にするには、簡単に言えば、ガスコンロと温水器と暖房を電気式のものにするだけです。
ガスコンロはIHクッキングヒーターに。
ガスの湯沸かし器を電気温水器に。
そして、石油ストーブやガスファンヒーターなどを、電気の暖房器具に替えます。
初期費用には、それぞれの機器の本体のお値段に加えて、設置するための工事費などがかかります。
今ある家をオール電化住宅にリフォームするには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

IHクッキングヒーターのお値段はだいたい15~35万円くらいです。
エコキュートのお値段はだいたい45~80万円くらいです。
この二つの機器を購入するだけで、最低でも60万円くらいかかります。
更に、これらの機器を使用するために、専用の200ボルトの電流を引き込みます。
その工事が必要になります。
また、エコキュートは、貯湯タンクを安定して置くための基礎工事が必要になります。

確かに、ちょっと高いですね。
でも、ランニングコストを考えると、オール電化住宅はお得なのです。
特に、エコキュートは夜間の安い電気を使うことができますので、電気代の節約になります。
長く使っていれば、何年かして元を取ることができます。

販売取り付け業者によって工事込みの割引価格を設定していますので、2,3業者に見積もりを取るとよいでしょう。
「オール電化住宅にしませんか?」という飛び込み営業をしている業者もありますが、1つの業者の言うことだけを信用して、すぐに契約してしまうのはおすすめできません。
業者によっては、すこし高めに設定しているところもあります。
よく見極めましょう。

また、ガスを解約することになりますので、ガスメーターの撤去などに費用が掛かります。
解約時にガス会社から解約金を請求されることもありますので、ガス会社とトラブルにならないように注意しましょう。

カテゴリー:オール電化の費用

オール電化住宅導入 「見積もり」その前に

オール電化住宅に切り替えよう、と現実的に考えがまとまった場合、予算の準備が必要になってきます。
そして、具体的にいくらくらい予算を立てればよいかを検討するためには、見積もりが必要です。
でも、業者に直接見積もりを依頼する前に、どうしてもやっておきたいことがあります。
それは、「情報収集」です。

オール電化住宅について、充分に研究したから切り替えることにしたのに、今さら何を、と思ってしまいますよね。
今度はオール電化住宅についてではなく、具体的な機器についての情報収集です。
そんなこと、プロである見積もり業者に聞いたほうが早いようにも思います。
でも、業者さんはその分野のプロであると同時に売る分野でもプロだということを忘れてはいけません。

本当に親身になって、その人にあったものを良心的な価格で提供してくれる業者さんはたくさんいるでしょう。
しかし、悲しいかな、現実にはそうでない業者もまた、たくさんいるのです。
業者選びに失敗したために、悲しいオール電化住宅生活のスタートを切ることにならないためにも、まず「お勉強」です。

エコキュートの機種はどれにするか?
家族構成によって貯湯量は変わってくるでしょう。
また、ライフスタイルによって、必要な機能も絞られてくるはずです。
IHクッキングヒーターはどうでしょう?
オールメタル対応は必要か、火力をどこまで求めるか検討し、絞り込んでおきましょう。
ほかにも、床暖房や太陽光発電はどうするか、せめて必要か否かは決めておきましょう。

ある程度方向性を固めておけば、悪い業者に引っかかることなく、自分の意思で選択できます。
費用についても研究しておけばなおさらです。

そこまでしておいてから、数社から相見積もりをとって業者の選別をしていきましょう。

カテゴリー:オール電化の費用

オール電化製品 気になるガス器具との比較

ガスコンロや給湯器などの設備機器には、故障や寿命がつきもの。
修理や買い替えは大きな出費となります。
故障の場合は、修理費と買い替えの費用の兼ね合いによって選択できますが、寿命を迎えてしまった機器は買い替えしかありません。
特に給湯器はものも大きければその金額も結構なもの。
じゃあ、いっそ、ガスコンロもIHクッキングヒーターに買い換えて、オール電化住宅にしてしまおうか、という理由でオール電化住宅に踏み切る人は多いようです。

そこで気になってくるのが予算の問題。
憧れのオール電化住宅デビューをするには、リフォームにおいくらくらい必要なのでしょう?
どんなものでも機能性が高まれば当然お値段も高くなるのが世の常。
IHクッキングヒーターやエコキュートも例外ではなく、機能によってお値段にかなりの幅があることは了承しておきましょう。

まず、IHクッキングヒーターの場合、本体価格がざっと10万~30万円くらい。
ガスコンロ撤去などの諸経費を込めて、別途工事費が5万~10万円くらいかかってきます。
ガスコンロをビルトインタイプのものに取り替える場合、本体価格が同じく10万~30万円くらい。
ですが、ガスコンロのほうは割引率が非常に高く、現実的には工事費込みで10万円~20万円で済んでしまうことが多いようです。

次に給湯器ですが、エコキュートの本体価格が40万~80万円くらい。
諸経費を含めた別途工事代が10万~15万円くらい。
ガス給湯器だと、10万~40万円くらいですが、こちらも大変な割引率で、実際には2~5割くらいはお安くなっているようです。

価格の差だけで観ると、どうやらガスのほうに軍配があがりそうですね。
でも、オール電化住宅にするということは、火事ややけどに対する不安からかなり解放され、ストレス面での負担が減ります。
また、設置後にランニングコストの削減が期待できるので、長い目で見ればもとは取れそうです。

今現在の出費を抑えてガスを選ぶか、安心・安全がえられ、今後のランニングコストを抑えられる電気を選ぶか、悩むところですね。

カテゴリー:オール電化の費用

オール電化住宅で返済もラクラク オール電化住宅専用ローン

住まいの新築や、増改築の際に検討されることも多いオール電化住宅。
しかし、設備費の予算を考えた場合、ガス製品のほうがコストを抑えることができるのが現状のようです。
家を買う、というのは一生のうちで一番大きな買い物。
増改築にしても、かなりの出費です。
理想には近づけたいけど、少しでも出費を抑えたい、というのは切なる願いでしょう。

そんな時注目したいのが、「オール電化住宅専用ローン」です。
この制度、住宅ローンの一番の要である金利を優遇してくれる制度なんです。
例えば同じ借入額1,000万円でも、金利が違えば返済額は変わってきます。
まして、住宅ローンやリフォームローンは借入額が数百万~数千万円にも及ぶもの。
ほんの少しの金利の差でも、返済額にはかなりの影響です。

優遇される金利は金融機関によって異なります。
0.1%から、すごいところでは1%前後優遇している金融機関もあります。
たとえ0.1%の優遇でも、総返済額は数十万から数百万も減らすことができるのです。
金利って、すごい力を持っているんですね。

オール電化住宅専用ローンを取扱っていない金融機関もあるので注意が必要ですが、大手銀行だけでなく信用金庫やネットバンクでも取扱いを始めています。
管轄の電力会社に問い合わせることで取扱い銀行がチェックできます。

オール電化住宅専用ローンで金利優遇を受ければ、ネックになっていた初期投資への負担はなくなります。
かつ、オール電化住宅にすれば火災保険も優遇されたり、ランニングコストが抑えられたりもします。
お得な制度をフル活用できるオール電化住宅なんですね。

カテゴリー:オール電化の費用