オール電化にするのにどれくらいの費用がかかる?:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化にするのにどれくらいの費用がかかる?

最近は原油高で、光熱費がかさみます。
光熱費を節約したいと思うけど、何かいい方法はないでしょうか。

最近、家を新築、またはリフォームを考えていて、オール電化住宅が気になる。
オール電化住宅って経済的という触れ込みだけど、初期費用が結構かかりそう・・・。
気になるけど、そのへんどうなの?

そんなことをお思いの方は結構いらっしゃるでしょう。

オール電化住宅にするには、簡単に言えば、ガスコンロと温水器と暖房を電気式のものにするだけです。
ガスコンロはIHクッキングヒーターに。
ガスの湯沸かし器を電気温水器に。
そして、石油ストーブやガスファンヒーターなどを、電気の暖房器具に替えます。
初期費用には、それぞれの機器の本体のお値段に加えて、設置するための工事費などがかかります。
今ある家をオール電化住宅にリフォームするには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

IHクッキングヒーターのお値段はだいたい15~35万円くらいです。
エコキュートのお値段はだいたい45~80万円くらいです。
この二つの機器を購入するだけで、最低でも60万円くらいかかります。
更に、これらの機器を使用するために、専用の200ボルトの電流を引き込みます。
その工事が必要になります。
また、エコキュートは、貯湯タンクを安定して置くための基礎工事が必要になります。

確かに、ちょっと高いですね。
でも、ランニングコストを考えると、オール電化住宅はお得なのです。
特に、エコキュートは夜間の安い電気を使うことができますので、電気代の節約になります。
長く使っていれば、何年かして元を取ることができます。

販売取り付け業者によって工事込みの割引価格を設定していますので、2,3業者に見積もりを取るとよいでしょう。
「オール電化住宅にしませんか?」という飛び込み営業をしている業者もありますが、1つの業者の言うことだけを信用して、すぐに契約してしまうのはおすすめできません。
業者によっては、すこし高めに設定しているところもあります。
よく見極めましょう。

また、ガスを解約することになりますので、ガスメーターの撤去などに費用が掛かります。
解約時にガス会社から解約金を請求されることもありますので、ガス会社とトラブルにならないように注意しましょう。

カテゴリー:オール電化の費用