オール電化住宅にリフォームするにはいくらかかる?:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅にリフォームするにはいくらかかる?

オール電化住宅にリフォームしたいけど、費用が気になるという方は多いでしょう。
オール電化住宅にリフォームするには、ガスコンロをIHクッキングヒーターに、給湯器を電気温水器、またはエコキュートにします。

IHクッキングヒーターはビルトインタイプですと、本体はだいたい15~35万円くらいです。
工事費が5~10万円くらいかかりますので、20~45万円で導入できます。
(工事費には、専用回路配線工事、ガス台撤去処分、ガス閉栓工事、諸経費を含みます)

電気温水器はエコキュートを選ぶと良いでしょう。
エコキュート本体の価格は、だいたい45~80万円くらいです。
家族人数によって、大きさと価格が変わります。
工事費は10~15万円と考えると、55~95万円で導入できます。
(工事費にはエコキュート設置工事費、電気工事費、発生廃材処分費を含みます)
エコキュートは価格が高めですが、ランニングコストが抑えられるので、長く使っているうちに元が取れることになります。

また、オール電化住宅にリフォームすると、ガスを解約することになりますので、暖房も電気ですることになります。
電気の暖房は、色々ありますが、オール電化住宅でポピュラーなのは、蓄熱式暖房と床暖房です。
床暖房にもいろいろ種類がありますが、最近では、既にある床の上に設置できる上張りタイプもあります。
その場合は、床を張り替えずに済みますが、床が痛んでいないことが条件です。
費用は床材が40~65万円です。
工事費がだいたい10~15万円です。
(工事費には床暖房設置工事費、電気工事費、専用回路配線工事費を含みます)
合計50~80万円で導入できます。

一般家庭の電圧は100ボルトですが、オール電化住宅では200ボルトの電源が必要になります。
そのための電気配線が必要ですので、なければ引き込むための工事をすることになります。

リフォームの費用は決して安くはありませんが、経済性、安全性、快適性などを長い年月で考えると、利点はたくさんあります。
ご家族のライフスタイルに合ったオール電化住宅のリフォームを行うと良いでしょう。

カテゴリー:オール電化の費用