オール電化住宅:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅のエコキュートって何?

オール電化住宅というのは、普通の住宅でガスを使う部分をすべて電気設備に替えてしまうことですよね。
オール電化住宅では、ガスコンロをIHクッキングヒーターにして、ガス湯沸かし器を電気温水器にします。
でも、よく耳にするエコキュートって何なのでしょう?
エコキュートは電気温水器なのですが、従来の電気温水器とは違います。
エコキュートという名前は、商品名ではありません。
「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器」の総称です。

従来の電気温水器は冷媒にフロンガス、または代替フロンを使用していました。
エコキュートはフロンガスを使用せず、二酸化炭素も排出しない、エコロジーな電気温水器なのです。
「エコロジーな給湯器」ということから、エコキュートと名前が付きました。
エネルギー効率も従来の電気温水器よりも高くなりました。
エコキュートは、空気でお湯を沸かします。
簡単にシステムを説明すると、大気の熱を利用して熱を作り、その熱でお湯を沸かします。
冷房の逆と言えば分かりやすいでしょうか。
この原理を「ヒートポンプ」と言います。

エコキュートは、お湯を沸かす「ヒートポンプ・ユニット」と沸かしたお湯を貯めておく「貯湯タンク・ユニット」の二つの設備に分かれます。
(二つの設備が一体化しているエコキュートもあります)
ヒートポンプ・ユニットで沸かした高温のお湯を貯湯ポンプ・ユニットに貯めておきます。
お湯は深夜の安い電力を使って沸かします。
そして、その沸かしたお湯を翌日使います。
沸かしたお湯は90℃と非常に高温ですので、使う時に水道水と混ぜて使います。
実際には、ポンプに貯めてあるお湯の2倍はお湯が使えることになります。

エコキュートの利点は、まず、電気料金を減らせることです。
オール電化住宅向けの、深夜電力が安い電気料金のコースを契約します。
そして、その安い深夜電力を使えば、電気料金は少なく済むのです。
また、エコキュートを導入するのに国から補助金が出ます。
(平成19年度では一般家庭で一律45,000円です)

メーカーは、三菱、東芝、ダイキン、コロナなどから出ています。

欠点としては、深夜に沸かしたお湯を、あまりたくさん使ってしまうと、お湯が切れてしまう場合があります。
設置する時に、家族人数に合わせた大きさのエコキュートを設置すれば大丈夫です。
しかし、日頃から、お風呂は一度に入ってしまうなどの配慮が必要かもしれません。

また、深夜にお湯を沸かしますので、騒音で近所に迷惑を掛けないかどうかにも気を配る必要があります。

カテゴリー:オール電化住宅

これからもっと増える?オール電化マンション

オール電化マンションとは、単純にガス設備のないマンションのことです。
今までガスでまかなっていた設備を、全て電気で行います。

近年、オール電化マンションの数は増えてきましたが、全体的に見ると、まだまだオール電化マンションの割合は低く納まっています。

傾向としては、オール電化マンションは高層マンションに多く見受けられます。
集合住宅ですので、ガス漏れやガス爆発が万一起こった場合、とても危険です。
安全という意味でも、高層階マンションに多いことは納得できますね。

オール電化住宅に比べ、オール電化マンションの普及が遅れている理由の一つは、既にある従来型のマンションをオール電化マンションにリフォームすることが難しいことです。
オール電化住宅の設備は、200ボルトの専用線が必要になります。
200ボルトが部屋まで来ていなければ、引き込みをしなければなりません。
オール電化マンションに住むには、オール電化マンションの物件を選ぶことが、一番簡単な方法ですね。

また、オール電化マンションを建設するには、コストがかかります。
コストのかかるオール電化マンションを業者が作りたがらない、ということがあり、あまり普及しないのです。
マンション業者にとっては、従来型の電気とガス併用のマンションを建設する方が、コストが抑えられ、マンション価格も安くできるのです。

しかし、オール電化の住宅自体が増えているので、これからオール電化マンションの数は増えていくでしょう。

オール電化マンションのメリットとしては、光熱費が電気だけになり、しかも、努力次第で電気料金をかなり安く抑えることができます。
ガスを使用しませんので、ガスの基本料金も使用料金もかかりません。
ガス漏れやガス爆発の心配がありません。
部屋の空気を汚しませんので、クリーンで快適です。
暖房に関しても、マンションの方が高気密・高断熱性が高いので、オール電化住宅のメリットが出やすいです。

ただ、電気は時間を気にせず、やみくもに使っていると、電気料金の請求が来てギョっとすることになるかもしれません。
電気料金を安く抑えるには、電気を使用する時間の配慮が必要です。
安くする方法としては、電力会社の夜間電力を割引するコースに契約して、極力、夜の電気を使うことです。

また、オール電化住宅製品の電磁波が心配という声が多く聞かれますが、各電力会社は他の家電と同じレベルと報告しています。

カテゴリー:オール電化住宅

オール電化住宅の標準になりつつある床暖房

オール電化住宅のメイン設備は、キッチンのIHクッキングヒーターと、電気温水器のエコキュートですが、電気式の床暖房も気になります。

日本では、まだ床暖房はあまり普及していませんし、まだ一般的な暖房スタイルではありませんが、近年、オール電化住宅にするご家庭が増え、新築マンションでも床暖房設備が標準で付いているのが普通になりました。
オール電化住宅での床暖房は経済的にはどうなのでしょうか?
すでに設備が付いている住宅やマンションを購入するのが手っ取り早いですが、既存の住宅にリフォームで床暖房をつけるとしたらどうなのでしょう。
リフォームで床暖房をつけるには、床を張り替えなければなりませんので、大がかりなリフォームが必要になります。
最近は、既にある床を利用して、その上に熱源を取り付ける上張りのものもあります。
その場合は、床が痛んでいないことが条件です。

床暖房には種類があります。
ヒートポンプ温水式、電熱線式、自己温度制御式、蓄熱式などです。
初期費用が安いのは電熱線式です。
リフォームが簡単にできるのは、自己温度制御式です。
ランニングコストが安いのは蓄熱式です。
また、蓄熱式は24時間の暖房ができるので、寒冷地に向いています。

床暖房は体にも良さそうですが、実際はどうなのでしょう。
床を暖めるだけで本当に暖かいの?と思いませんか?
床暖房は、実は快適なのです。
エアコンやファンヒーターなどの暖房器具で部屋を暖めているときに、顔がやたらほてってしまい、あわてて設定温度を下げたりしたことはありませんか?
フローリングのお部屋では、足下が冷え冷えしませんか?

熱い空気はどんどん上に昇っていく性質があります。
せっかくお部屋を暖めても、天井付近ばかりが暖まって、足下は冷えた空気が下がってきてしまうのです。
足下が冷たいと寒く感じるので、つい、暖房の設定温度を上げてしまいます。
設定温度を上げると、また熱い空気がどんどん天井付近に流れていき、やがては顔の辺りから上が熱い空気で満たされてしまいます。
そして、腰から下は寒くて首から上は熱いという現象が起こるわけです。
床暖房ですと、まず、足下から暖かくなってきます。
そして、部屋の温度が均一に保つことができるのです。

デメリットとしては、暖房の即効性がないことです。
暖まるまでに少し時間がかかってしまいます。
また、停電になった時はもちろんですが、使えません。
予備に石油ファンヒーターなどを用意して置いた方が良いでしょう。

カテゴリー:オール電化住宅

オール電化住宅で使う電気式の暖房について

オール電化住宅では、夏はもちろんエアコンを使いますが、冬はどのような暖房にしたら良いのでしょう。

電気式の暖房の良さは、空気を汚さないことです。
燃焼系の暖房器具ですと、どうしても火を燃やすので、空気が汚れますし、換気を十分にしなければいけません。

電気を使った暖房の方法は、大きくは3種類に分けることができます。

一つ目は、空気全体の温度を上げる暖房です。
暖まった空気を風で送りますので、即効性があります。
エアコンやセラミックファンヒーターがこれになります。
エアコンは即効性があり、暖房としてはとてもポピュラーです。
最近のエアコンはだいぶ進化し、天井付近と床付近の温度差が減らされる工夫がされているものも出てきました。
難点は、空気が乾燥しやすいことです。
乾燥は身体に良くありませんので、加湿器を併用すると良いでしょう。
セラミックファンヒーターには加湿機能が付いた便利な物もあります。

二つ目は、赤外線を使った暖房です。
この暖房方法は風の対流がないので、軟らかい暖かさが部分的に作用します。
電気ストーブやハロゲンヒーター、こたつなどがこのタイプになります。
この暖房のみでは狭い部屋なら良いですが、広い部屋を暖めるには不向きです。
広い部屋では、部屋全体を暖める暖房と併用して使うことになるでしょう。

三つ目は、熱を発するものを身体に接触させて暖めるもの。
電気カーペットや電気毛布がこれになります。
部屋全体を暖める暖房と併用して使います。

オール電化住宅の暖房で一般的になりつつあるのが、床暖房と蓄熱式暖房です。
床暖房は、足下から徐々に暖まる、理想的な暖房ですが、リフォームをする場合に工事が大がかりになることと、すぐには暖まらないのが難点です。
蓄熱式暖房は、夜間の安い電気を使用して熱を蓄え、蓄えた熱を翌日使うタイプです。
蓄熱式暖房は24時間暖房ができ、寒冷地に向いています。

オール電化住宅にせっかくするのでしたら、効果的な暖房を1つだけ使用して、電気代を節約するようにすると良いですよね。

カテゴリー:オール電化住宅

オール電化の普及率はどのくらいでしょうか?

オール電化住宅やオール電化マンションが最近増えてきました。
各電力会社でも、オール電化住宅への移行を勧めています。
また、セキスイハイムでも、「光熱費ゼロ」というふれこみで、オール電化住宅+太陽光発電の家を宣伝しています。
省エネルギーで経済的、クリーンで快適な住まい、エコロジー&エコノミー。
いいイメージがたくさんあります。
オール電化住宅で使われる「エコキュート」には、国から補助金が出ます。
オール電化住宅を国も奨励しているということです。

それでは、現在のオール電化住宅の普及率はどのくらいでしょうか?
新築物件の約半数がオール電化住宅になっています。
また、既存住宅のオール電化住宅へのリフォームも増え、オール電化住宅の普及率はますます上がりそうです。
数で見ますと、2004年度は約13万件、2005年度は約20万件、2006年度には約23万件と、年々増加の傾向にあります。
地域別で見ると、新築のオール電化住宅を建てる割合は、北陸が最も高いです。

富士経済によりますと、新築とリフォームのオール電化住宅戸数を、2006年度は関東エリアで前年よりも30%増、関西エリアでは13%増、中部エリアでは10%増と、発表しており、今後もずっと増えていくことを予想しています。

オール電化住宅の普及率の多さに対して、オール電化マンションの普及率は全体の5%程度と少なくとどまっています。
これには、オール電化住宅のコストが関係していると思われます。
オール電化住宅機器は、ガス機器に対して初期費用が高く、また、マンションの引き込み工事などもガスの方が安く済みます。
オール電化マンションをつくるには、建設コストがかかり、また、マンションの値段も高くなってしまうのです。
しかし、集合住宅で火を使わないことは、今後高齢者が増えることから、安全面で期待されています。
オール電化マンションも、今後増えていくでしょう。

現在は、原油高で、ガソリンや石油の値段が高騰しています。
今後も原油高が続くのであれば、オール電化住宅はもっと見直され、注目を集めるでしょう。
また、災害時の火災の心配からも、オール電化住宅は注目を集めています。
富士経済は2015年の時点では、約33万件まで増えると予想しています。

カテゴリー:オール電化住宅

空気でお湯が沸く? エコキュートの仕組み

オール電化住宅の普及とともに、エコキュート、という言葉も浸透して来ましたね。
頻繁に放映されるオール電化住宅のCMをみて、なんとなく名前と仕組みはわかる気がするけど、「空気でお湯を沸かす」ってどういうこと?
なんて思っている方、多いと思います。

そんなオール電化住宅の代表格、エコキュートについて少し詳しく解説していきます。

お湯を沸かす、といっているだけに、エコキュートとは給湯システムの名称です。
そのエコキュートを、究極に簡略化した説明が「空気でお湯を沸かす」という言葉。
言葉のとおり、空気でお湯を沸かしているのですが、どんなに暑いといっても40度に満たない空気が、なぜお湯を沸かすことが出来るのでしょう?
そのポイントは「圧縮」にあります。
エコキュートの最初のステップは、まず大気中の熱を吸い上げることから始まります。
そこで吸い上げられた熱は、お湯を沸かせるほどの高温ではありません。
が、その熱を圧縮すると高温になるのです。
実は、この原理、圧力鍋も同じ。
圧をかけると高温になるから調理時間が短くなるんですね。

空気を圧縮することで高温熱は用意できましたが、その熱を、タンクの中の水に運ばなければお湯は沸きません。
その運び屋の役目(冷媒といいます)をしているのは、二酸化炭素です。
冷媒の代表格はフロンです。
フロンは、オゾン層を破壊してしまうガス。
そして二酸化炭素の1500倍以上も地球温暖化に対する影響を持っているガスなのです。

電気の力だけではなく、空気を圧縮して高熱を発生させるのでエコノミー=経済的。
かつフロンではなく二酸化炭素を冷媒としているのでエコロジー=地球に優しい。

エコキュートのエコには二つの意味が含まれているのですね。

カテゴリー:オール電化住宅

新しいマンションの形 オール電化マンション

これから新居を探そう、と考えるとき、まずはじめに「戸建て」か「マンション」かの選択をされる方がほとんどだと思います。
戸建てを選択した場合、ある程度自分の希望を盛り込んだ設計が望めます。
マンションを選択した場合でも、立地や間取りはそれなりに希望に沿ったものを選ぶことが出来ます。
が、設備面はすでに用意されているものを受け入れるしかない状況にあります。

今、これだけ普及が広まっているオール電化住宅システムですが、マンションを選択した場合には泣く泣くオール電化住宅をあきらめざるを得ないのが現実でした。
そんな悔しい思いをしたマンション居住者の声を反映させて、最近増えてきているのが「オール電化マンション」。
一棟すべてのエネルギー源がオール電化になっているマンションです。
実際、マンション物件を探されている方の約8割がオール電化住宅を希望している、というデータもあるくらい、マンションかつオール電化住宅を求めている声は多いのです。

オール電化マンションは、従来のマンションよりも建築費が高そう、というイメージがありますが、実際にはさほど変わらないようです。
オール電化マンションだからといって、販売価格が電気・ガス併用型のマンションに比べて跳ね上がる、ということはないのですね。

それに、オール電化マンションを選択すると、うれしい特典がついてきます。
火を使わないオール電化住宅ですので、火災が起こる可能性が格段に減ります。
そこのところが考慮されて、各保険会社で掛け金が割安になる「電化住宅専用火災保険」というのを設けています。
マンションという大きな買い物をして、何かと出費を抑えたいときに、これは朗報ですね。

今まで、うちはマンションを希望しているから、とオール電化住宅をあきらめていた方も多いはず。
今から物件をお探しの方は、ぜひ、「オール電化マンション」、検索してみてくださいね。

カテゴリー:オール電化住宅