これからもっと増える?オール電化マンション:オール電化比較なび

スポンサードリンク

これからもっと増える?オール電化マンション

オール電化マンションとは、単純にガス設備のないマンションのことです。
今までガスでまかなっていた設備を、全て電気で行います。

近年、オール電化マンションの数は増えてきましたが、全体的に見ると、まだまだオール電化マンションの割合は低く納まっています。

傾向としては、オール電化マンションは高層マンションに多く見受けられます。
集合住宅ですので、ガス漏れやガス爆発が万一起こった場合、とても危険です。
安全という意味でも、高層階マンションに多いことは納得できますね。

オール電化住宅に比べ、オール電化マンションの普及が遅れている理由の一つは、既にある従来型のマンションをオール電化マンションにリフォームすることが難しいことです。
オール電化住宅の設備は、200ボルトの専用線が必要になります。
200ボルトが部屋まで来ていなければ、引き込みをしなければなりません。
オール電化マンションに住むには、オール電化マンションの物件を選ぶことが、一番簡単な方法ですね。

また、オール電化マンションを建設するには、コストがかかります。
コストのかかるオール電化マンションを業者が作りたがらない、ということがあり、あまり普及しないのです。
マンション業者にとっては、従来型の電気とガス併用のマンションを建設する方が、コストが抑えられ、マンション価格も安くできるのです。

しかし、オール電化の住宅自体が増えているので、これからオール電化マンションの数は増えていくでしょう。

オール電化マンションのメリットとしては、光熱費が電気だけになり、しかも、努力次第で電気料金をかなり安く抑えることができます。
ガスを使用しませんので、ガスの基本料金も使用料金もかかりません。
ガス漏れやガス爆発の心配がありません。
部屋の空気を汚しませんので、クリーンで快適です。
暖房に関しても、マンションの方が高気密・高断熱性が高いので、オール電化住宅のメリットが出やすいです。

ただ、電気は時間を気にせず、やみくもに使っていると、電気料金の請求が来てギョっとすることになるかもしれません。
電気料金を安く抑えるには、電気を使用する時間の配慮が必要です。
安くする方法としては、電力会社の夜間電力を割引するコースに契約して、極力、夜の電気を使うことです。

また、オール電化住宅製品の電磁波が心配という声が多く聞かれますが、各電力会社は他の家電と同じレベルと報告しています。

カテゴリー:オール電化住宅