オール電化住宅のエコキュートって何?:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅のエコキュートって何?

オール電化住宅というのは、普通の住宅でガスを使う部分をすべて電気設備に替えてしまうことですよね。
オール電化住宅では、ガスコンロをIHクッキングヒーターにして、ガス湯沸かし器を電気温水器にします。
でも、よく耳にするエコキュートって何なのでしょう?
エコキュートは電気温水器なのですが、従来の電気温水器とは違います。
エコキュートという名前は、商品名ではありません。
「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器」の総称です。

従来の電気温水器は冷媒にフロンガス、または代替フロンを使用していました。
エコキュートはフロンガスを使用せず、二酸化炭素も排出しない、エコロジーな電気温水器なのです。
「エコロジーな給湯器」ということから、エコキュートと名前が付きました。
エネルギー効率も従来の電気温水器よりも高くなりました。
エコキュートは、空気でお湯を沸かします。
簡単にシステムを説明すると、大気の熱を利用して熱を作り、その熱でお湯を沸かします。
冷房の逆と言えば分かりやすいでしょうか。
この原理を「ヒートポンプ」と言います。

エコキュートは、お湯を沸かす「ヒートポンプ・ユニット」と沸かしたお湯を貯めておく「貯湯タンク・ユニット」の二つの設備に分かれます。
(二つの設備が一体化しているエコキュートもあります)
ヒートポンプ・ユニットで沸かした高温のお湯を貯湯ポンプ・ユニットに貯めておきます。
お湯は深夜の安い電力を使って沸かします。
そして、その沸かしたお湯を翌日使います。
沸かしたお湯は90℃と非常に高温ですので、使う時に水道水と混ぜて使います。
実際には、ポンプに貯めてあるお湯の2倍はお湯が使えることになります。

エコキュートの利点は、まず、電気料金を減らせることです。
オール電化住宅向けの、深夜電力が安い電気料金のコースを契約します。
そして、その安い深夜電力を使えば、電気料金は少なく済むのです。
また、エコキュートを導入するのに国から補助金が出ます。
(平成19年度では一般家庭で一律45,000円です)

メーカーは、三菱、東芝、ダイキン、コロナなどから出ています。

欠点としては、深夜に沸かしたお湯を、あまりたくさん使ってしまうと、お湯が切れてしまう場合があります。
設置する時に、家族人数に合わせた大きさのエコキュートを設置すれば大丈夫です。
しかし、日頃から、お風呂は一度に入ってしまうなどの配慮が必要かもしれません。

また、深夜にお湯を沸かしますので、騒音で近所に迷惑を掛けないかどうかにも気を配る必要があります。

カテゴリー:オール電化住宅