オール電化の電気代:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅で光熱費を減らす

光熱費は生活していれば、どうしてもかかるものですよね。
そして、努力次第で安く抑えることができるものです。
なるべく安く抑えたい。
それを実現するのが、オール電化住宅です。

まず、オール電化住宅にすれば、光熱費が電気料金だけになります。
光熱費は電気とガスと灯油の併用が一般的です。
しかし、電気とガスは、両方使っていると、両方の基本料金と使用料金がかかります。
普通にはそんなの当たり前と思っていましたが、現在はオール電化住宅にしてガスを解約するという選択肢があるのです。

オール電化住宅にするには、ガスレンジ台をIHクッキングヒーターにし、ガス給湯器をエコキュートという電気温水器に替えることになります。
更に、暖房器具を電気式のものにします。
IHクッキングヒーターは200ボルトの電気を使用しますので、専用の引き込み線をすることになります。

200ボルトなんて、電気代が高くなりそうですが、どうなのでしょう。
契約している料金プランにもよりますが、200ボルトの電気料金は実際には都市ガス使用料金とあまり変わりません。
それから、夏場に火を使わない調理ができますので、部屋の温度が上がらず、冷房の設定温度を低くする必要もありません。
IHは熱効率が良いので、調理時間が早く済みます。
そのような点から考えても、電気代の節約になりそうですね。

エコキュートは割安な夜間の電気を使ってお湯を沸かしますので、これでかなりの電気料金を減らすことができます。
従来の電気温水器に比べて、約30%のエネルギーが節約できます。
安い電気料金を使えるなら、だいぶ電気代は減らせそうです。
(電気会社に割引きプランがありますので、契約が必要です)

更に光熱費を安くするには、太陽光発電を併用する方法があります。
太陽光をエネルギーに替えるので、電気代はゼロ。
電気が足りなければ、電気会社から来ている電気を使いますが、電気が余ってしまったら、電気会社に売ることができます。
もちろん、すべての設備を設置するには初期費用がかなりかかってしまいます。
支払った分をすべて取り戻すのには、7年くらい必要かもしれません。

カテゴリー:オール電化の電気代

オール電化住宅と普通のガス・電気併用式住宅との比較

オール電化住宅と、従来型のガス・電気併用式住宅を比較してみます。

まず、オール電化住宅で使用するIHクッキングヒーターと、ガスコンロとを比較してみます。

IHクッキングヒーターでは、まず、使える鍋に制限があります。
IHクッキングヒーターに使用する鍋は、鉄が最適です。
最近では、オールメタル対応の製品も出ていますが、鉄以外の金属を使用すると、熱効率が下がってしまうようです。
熱効率で言うと、やはり、ガスの方が良いでしょう。
IHが熱を伝えることができるのは金属の鍋だけで、鍋の周辺部分を暖めることはできません。
IHでチャーハンがおいしく作れるかどうかという議論があります。
IHでも、もちろんおいしいチャーハンは作れますが、料理にこだわりのある方は、IHよりもガスコンロを選ぶ方が多いそうです。
IHでは、鍋を揺すったりすることができないからでしょうか。

IHの優れている点は、室内の空気を汚さないことです。
ガスコンロのように室内で火を使うと、室内の酸素が燃やされ、更に、一酸化炭素が排出されます。
ガスコンロやガス湯沸かし器を使う時は換気を徹底しないと、一酸化中毒になる危険性があります。
IHでは、火を使いませんので、酸素が欠乏することはありません。
全く換気が必要ないと言うことではありませんが、ガス使用時ほどの換気は必要ありません。
ただ、調理時には多少の水蒸気などが発生しますので、IH専用の換気扇で換気する必要があります。

IHは表面が平らですので、キッチンの見栄えが良く、とてもお洒落です。
そして、お手入れも簡単です。
一方、ガスコンロはとても汚れやすく、掃除が大変です。
キッチンの見栄えを気にする方はIHを選ぶでしょう。

では、次にオール電化住宅で使用する電気温水器と、ガス給湯システムとを比較してみます。

オール電化住宅ではエコキュートというとても優秀な電気温水器があります。
「ヒートポンプ」という温熱方式を採用し、省エネルギーでランニングコストも低く抑えられます。
深夜の安い電力を使って90度と非常に高温のお湯を沸かします。
そして、沸かしたお湯は貯湯タンクに貯めておき、次の日に使用します。
残念なことは、貯めておいたお湯を飲用に利用できないことです。

一方、ガス湯沸かし器はガスの炎で瞬間的にお湯を沸かすので、新鮮なお湯を供給することができます。
しかし、ガス湯沸かし器は火を燃やすので、二酸化炭素を排出してしまいます。
エコキュートは二酸化炭素を排出しません。
とてもエコロジーです。
エコキュートの欠点は、設備が大きいので場所を取ってしまうことです。
一方、ガス湯沸かし器はコンパクトで場所を取りません。

いずれにしても、欠点はあるものです。
オール電化住宅を導入するかどうか、色々比較検討してみて、ご自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

カテゴリー:オール電化の電気代

オール電化住宅は料金がお得

CMや広告を見ると、「オール電化住宅にすれば料金がお得」というキャッチコピーを必ず目にします。
いったいなぜ、オール電化住宅にするとお得になるのでしょう?

まず単純に、ガスの基本使用量を払う必要がなくなり、基本料金を電気だけに一本化できます。
ガスの基本使用量は各家庭の使用量によって、また地域によって異なりますが、ざっと1,000~2,000円くらいとなります。
具体的に知りたい場合は、毎月のガスの検針票を見ると記載されています。

あとは、オール電化住宅にするとランニングコストとなる電気料金が割安になります。
これまたCM等で「割安な深夜料金を使うから、電気代がお得」という宣伝文句も聞いたことがあります。
この、深夜料金。本当にお得なんですよ。
私たちが普通に暮らしていて活動する時間帯は朝7時頃から夜11頃。
当然、その時間帯には電化製品を使うことが多いため、電力使用量も多くなります。
その使用量の多い時間帯の電気料金は、これも地域差が多少ありますが、1kwあたり大体20~30円くらい。
そして人々が寝静まり、電気の使用量がぐんと減る夜11時から午前7時までは深夜料金が適用されます。

深夜料金の1kwあたりの電気料金はなんと、7円余り。
深夜料金を活用する、ということは、それだけで電気代を4分の1~3分の1もカットできることになるのです。

ただ、日中の消費電力すべてを深夜の電力でまかなえるわけではなく、この深夜料金を活かせるのは主に給湯システムになります。
光熱費の大半は給湯に使われている、といわれているだけに、給湯システムだけでも深夜料金のご享受にあやかれるのはありがたいですよね。

カテゴリー:オール電化の電気代

光熱費ゼロ? オール電化と太陽光発電

今年はまさに、石油高騰の一年。
ガソリンや灯油だけでなく、カップラーメンや食パンなど思わぬものまでが原油高の影響を受けています。
原油高の原因はあらゆる因果関係があるので一概には言えませんが、石油は限りある資源である、というのもその一因になっています。

そんな中、無限の資源であり、かつ環境に無害である太陽エネルギーへの注目が高まってきています。
私たちの生活に直接かかわってくる太陽エネルギーのひとつに、太陽光発電があります。
生活電力のすべてを太陽光発電でまかなうことが出来れば、これほど地球に優しい生活はないのかもしれません。

でも、太陽光発電システムを導入するにはそれなりの設備投資が必要となります。
地球のためなら財を惜しまない、と損得考えずに投資できる人は極わずかで、実際問題、投資に見合った見返りがなければなかなか導入には踏み切れませんよね?
とある住宅メーカーが、「光熱費ゼロ住宅」を前面に売り出していたりしますが、もしそれが現実的なものになればまさに地球にもお財布にも優しい暮らしが出来るわけです。

太陽光発電システムを導入した場合、自家発電をして使い切らずに余った電力は売り、足らない電力は買う、という形になります。
売り買いする相手は電力会社です。
太陽の照っている昼間は、文字通り「売るほど」の電気が発電されるので、使いきれなかった分は売ります。
逆に、夜は自家発電が出来ないので、夜使う電気は電力会社から買い取るのです。
この売り買いのバランスが、損得の鍵を握るわけです。

そこでものを言うのがオール電化住宅。
オール電化住宅にすると、まず、電気料金そのものが一番お得なプランになります。
そして、オール電化住宅にして給湯システムがエコキュートになると、かなりお得な深夜料金の時間帯にお湯を沸かしておいてくれるのでさらに電気料金の引き下げになります。
オール電化住宅にすると、買う分の電気料金を抑えられるので、よりお財布にやさしくなるのです。

オール電化住宅にして、かつ太陽光発電を利用するということは、無害なエネルギーのほぼ自給自足となります。
結果、地球にも、よりやさしい生活が送れそうですね。

カテゴリー:オール電化の電気代

オール電化住宅のメリット、デメッリト、電気代やオール電化のための費用などを比較するサイトです。