オール電化住宅で光熱費を減らす:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅で光熱費を減らす

光熱費は生活していれば、どうしてもかかるものですよね。
そして、努力次第で安く抑えることができるものです。
なるべく安く抑えたい。
それを実現するのが、オール電化住宅です。

まず、オール電化住宅にすれば、光熱費が電気料金だけになります。
光熱費は電気とガスと灯油の併用が一般的です。
しかし、電気とガスは、両方使っていると、両方の基本料金と使用料金がかかります。
普通にはそんなの当たり前と思っていましたが、現在はオール電化住宅にしてガスを解約するという選択肢があるのです。

オール電化住宅にするには、ガスレンジ台をIHクッキングヒーターにし、ガス給湯器をエコキュートという電気温水器に替えることになります。
更に、暖房器具を電気式のものにします。
IHクッキングヒーターは200ボルトの電気を使用しますので、専用の引き込み線をすることになります。

200ボルトなんて、電気代が高くなりそうですが、どうなのでしょう。
契約している料金プランにもよりますが、200ボルトの電気料金は実際には都市ガス使用料金とあまり変わりません。
それから、夏場に火を使わない調理ができますので、部屋の温度が上がらず、冷房の設定温度を低くする必要もありません。
IHは熱効率が良いので、調理時間が早く済みます。
そのような点から考えても、電気代の節約になりそうですね。

エコキュートは割安な夜間の電気を使ってお湯を沸かしますので、これでかなりの電気料金を減らすことができます。
従来の電気温水器に比べて、約30%のエネルギーが節約できます。
安い電気料金を使えるなら、だいぶ電気代は減らせそうです。
(電気会社に割引きプランがありますので、契約が必要です)

更に光熱費を安くするには、太陽光発電を併用する方法があります。
太陽光をエネルギーに替えるので、電気代はゼロ。
電気が足りなければ、電気会社から来ている電気を使いますが、電気が余ってしまったら、電気会社に売ることができます。
もちろん、すべての設備を設置するには初期費用がかなりかかってしまいます。
支払った分をすべて取り戻すのには、7年くらい必要かもしれません。

カテゴリー:オール電化の電気代