オール電化住宅は停電に耐えられる?:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅は停電に耐えられる?

オール電化住宅に切り替えようか検討されている方の不安材料のひとつに、「停電したらどうなっちゃうの?」という問題があるのではないでしょうか。
家中のエネルギー源をすべて電気にしてしまう、ということは、停電のときはまったくもってお手上げになってしまう不安がありますよね。

確かに、オール電化住宅の家は停電になると、調理は出来なくなるし、暖房機器も使えなくなるし、でお手上げ状態になってしまいます。
では、オール電化住宅ではない家は大丈夫かといえば、一概にそうとは言えません。
ガスコンロを使用している家庭でも、最近は電池ではなく電源を必要としているものが増えてきています。
電源を必要とするということは、電気を使用しているので、停電時にはつかえません。

給湯にガスを使用していても、お湯を沸かすときにスイッチをつけませんか?
スイッチを使用しているガス給湯器の場合は、やはり停電のとき使えません。
石油ファンヒーターにも、FAX機能付の電話機にもコンセントがついています。
そうなんです。
いまやエネルギー源を電気としない機器でも、ほとんどのものがどこかで電力を必要としています。
これらの機器も、停電になると使えないんです。

ということは、オール電化住宅の家も、そうでない家も、停電になるとお手上げなのです。

停電になってしまっても、電気の復旧の速さは過去のデータが証明しています。
あれだけの被害をもたらした、阪神淡路大震災のとき、ガスや水道に比べていち早く復旧したのは電気でした。
まだ記憶に新しい、新潟中越地震のときも、圧倒的な速さで電気は復旧しています。

そう考えると、オール電化住宅の家のほうが災害時には有利なのかもしれませんね。