オール電化のデメリット:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅のデメリット

これからオール電化住宅にしようと考えている方にとって、一番気になるのは、オール電化住宅にしたことでメリットだけではなく、デメリットがあるかどうかです。
オール電化住宅について、色々なところでメリットが言われていますが、はたして、デメリットはあるのでしょうか?

オール電化住宅のデメリットとして、使用する機器本体のお値段が高いことが挙げられます。
オール電化住宅の初期費用は、金額にすると、ガス器具設備にした場合の3倍から6倍にもなります。
ガス器具設備よりも高く払った分を取り戻すのにはだいたい7年以上かかるかもしれません。

オール電化住宅にすると、給湯設備はエコキュートを設置することになります。
エコキュートは家族の人数が多いほど、大きいものを設置する必要があります。
沸かしたお湯をたくさん貯めておくタンクになりますので、大きくて重い設備になってしまいます。
お湯を入れたタンクの重量に耐えられる基礎工事をする必要があります。
それから、タンクは大きいので、スペースを結構取り、邪魔かもしれません。

IHクッキングヒーターは、火を使わないので部屋の空気を汚さないように思えますが、料理をすれば水蒸気が出ますし、油もはねます。
換気扇はIH専用の換気扇を設置することになります。
リフォームですと、換気扇も取り替えなければなりません。
また、IHクッキングヒーター対応の鍋しか使えません。
ガスで使っていた鍋の大半が使えなくなってしまう可能性があります。
炒め物をするときには、鍋をゆすったりすることができませんので、料理がお好きな方には物足りなく感じてしまうでしょう。

オール電化住宅によってメリットが得られるのは、夜間の電気料金が割引になる時間に電気を使用する場合ですが、昼間の電気使用が多い家庭では、そのメリットが生かせず、かえって割高になります。
本来、光熱費を節約する目的でオール電化住宅にしたはずが結構高くついた、ということも考えられます。

オール電化住宅においての一番のデメリットは、停電してしまった時でしょう。
電気が止まってしまうと、家の全ての機能が麻痺してしまいます。
冬でしたら、暖房ができなくて困ってしまいます。
まさかの時に備えて、カセットコンロと石油ストーブを用意しておく必要があります。

オール電化住宅は停電の時は大丈夫?

オール電化の新築住宅を購入したい、または、家をオール電化住宅にリフォームしたい。
でも、停電の時はどうしたらいいの?と心配ではありませんか?

家の全てのエネルギーを電気にしてしまったら、停電の時は何も使えなくなると思いますよね。

料理はIHクッキングヒーターだから、停電時は残念ながら使えません。
まさかの時のために、カセットコンロを予備に用意しておくとよいでしょう。

お湯はつかえるの?
お湯は電気給湯器の貯湯タンクにお湯が残っていれば、そのお湯が使えます。
(ただし、飲むことはできません)
しかし、ガス給湯設備でも、スイッチは電気式を採用しているので、停電時はどちらにしても使えないことになります。

暖房はどうしたら良いでしょう?
暖房は残念ながら使えません。
まさかの時のために、石油式のストーブなどを用意しておくとよいでしょう。
石油ストーブや石油ファンヒーターでも、電気がなければ使用できないものがありますので、電気の要らないものを用意しておきましょう。

近年、大規模な地震が相次いで起き、災害に対しての様々な教訓が生まれました。
中でも、ライフラインが断たれると非常に困るので、その対策が必要です。
日頃から停電時や断水時にどうしたらよいかを考えておかなければいけません。

エコキュートなどの電気温水器によるメリットとしては、お湯をいつも貯めておくということでしょう。
ポンプに貯めてあるお湯は使い切っていなければ温かいですし、生活用水として利用できます。
ただし、飲用はできませんので注意しましょう。
飲用には災害時のために飲用水を用意しておきましょう。

また、オール電化住宅ですと、電気と水道が復旧すれば、ほぼ元の生活ができます。
ガスが止まっていても、電気さえあれば大丈夫です。

どんなスタイルの家に住んでいても、災害は心配です。
日頃からの備えが大切ということです。

オール電化住宅のデメリット 避けられない電磁波

オール電化住宅には多くのメリットがあります。
「火を使わないから安全」「光熱費が安くなる」など、ユーザーの満足度が90%以上であることからもそのよさは実証されています。
でも、良い面もあれば、悪い面もあるのが世の常。
当然、デメリットもあります。

オール電化住宅のデメリットの中で気がかりとなるもののひとつに、「電磁波」による影響があげられます。
携帯電話が普及し始めた頃に、一時電磁波の問題が懸念されましたが、日本ではまだそれほど電磁波に対する意識が強くはないようです。
電磁波による影響、というのは、電磁波が人体に良くない影響を及ぼす可能性が高い、ということで、欧米ではかなり一般的に浸透してきています。

具体的にどんな影響があるのかというと、軽いものだと頭痛や吐き気。
そして、もっとも懸念されているのは、がんや、白血病の発症率が高くなる可能性がある、ということです。
ただ、電磁波を浴びた人すべてががんや白血病になる、というわけではなく、あくまで、可能性が高くなる、ということです。
可能性が高まるのも、長時間電磁波を浴び続けた場合に、より可能性が高まるようです。
タバコやお酒と同じですね。

電磁波を強く発生するものとして、携帯電話や、オール電化住宅の代名詞ともいえるIHクッキングヒーターがあります。
ただ、電磁波は、電気を使用しているものすべてから放出されています。
パソコン、テレビ、ドライヤー、ホットプレート、こたつ、ホットカーペット・・・etc。
あげればきりがありません。

現代の日本で生きていく以上、電磁波を浴びずに暮らしていくことは不可能です。
でも、対策方法はあります。
もっとも手軽な対策法。それは、長時間の使用は避ける、ということです。
携帯電話やパソコン、テレビは長時間使う可能性の高いものですよね?
それと、距離をとることも大切なようです。

オール電化住宅にした場合、電磁波の影響がもっとも懸念されるIHクッキングヒーターですが、毎日2時間も3時間もIHの前に立ちっぱなし、ということは可能性的に低いでしょう。
煮込み料理をする場合だって、鍋はかけておいても、自分はキッチンから離れますよね?

でも、オール電化住宅にすることで、より多くの電磁波を浴びた生活になることは否めません。
オール電化住宅の検討をしている方は、多くのメリット面を考慮し、かつ電磁波や他のデメリット面も納得しておく必要はありそうです。

オール電化住宅って電磁波は大丈夫なの?

最近はやりのオール電化住宅ですが、家中の全てが電気製品になると電磁波が心配ではありませんか。
電磁波って何なのでしょう。
なにか難しくてよく分からないけれど、大丈夫なのでしょうか?

電磁波とは、放射線・電波・光の総称です。
電気が流れているところでは、電磁波が発生すると思って良いでしょう。
代表的なところでは、ヘアドライヤーの電磁波です。
ヘアドライヤーの電磁波は結構強いです。
ヘアドライヤーは頭部付近で使用するので、健康への影響が心配されています。
また、テレビの画面から電磁波が出ていることは結構知られています。
テレビからは2メートルは離れた方が良いと聞いたことはありませんか?

オール電化住宅の機器の中で、身体に近いところで使用するのは、IHクッキングヒーターです。
IHクッキングヒーターの位置は、女性の腹部付近になりますので、妊娠している女性が調理するときに電磁波の影響が心配されます。
また、小さい子供のちょうど頭部付近になります。
では、IHクッキングヒーターの電磁波は、安全なのでしょうか?

IHクッキングヒーター付近には周波数が50~60ヘルツの電磁界が発生します。
調理をしている時には、周波数20~30キロヘルツの電磁波が発生します。
これらの電磁波については、他の家電から出る電磁波とだいたい同じくらいのものです。
電力会社では、通常に使用すれば人間の健康に影響を与えるほどのものではないという判断が出されています。
もちろん、健康に悪影響のあるものを「安全」と言って売るわけにはいきませんので、信用できるでしょう。

電磁波に関しては、電気を使用した生活を続ける限り、全く浴びずに生活するのは不可能です。
オール電化住宅だから電磁波の影響を強く受けるという考えは間違っています。
しかし、体質的に電磁波の影響を強く受けてしまう方もいらっしゃいますので、オール電化住宅の導入はよく情報を集めて吟味してから決めましょう。

オール電化住宅のメリット、デメッリト、電気代やオール電化のための費用などを比較するサイトです。