オール電化住宅のデメリット 避けられない電磁波:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅のデメリット 避けられない電磁波

オール電化住宅には多くのメリットがあります。
「火を使わないから安全」「光熱費が安くなる」など、ユーザーの満足度が90%以上であることからもそのよさは実証されています。
でも、良い面もあれば、悪い面もあるのが世の常。
当然、デメリットもあります。

オール電化住宅のデメリットの中で気がかりとなるもののひとつに、「電磁波」による影響があげられます。
携帯電話が普及し始めた頃に、一時電磁波の問題が懸念されましたが、日本ではまだそれほど電磁波に対する意識が強くはないようです。
電磁波による影響、というのは、電磁波が人体に良くない影響を及ぼす可能性が高い、ということで、欧米ではかなり一般的に浸透してきています。

具体的にどんな影響があるのかというと、軽いものだと頭痛や吐き気。
そして、もっとも懸念されているのは、がんや、白血病の発症率が高くなる可能性がある、ということです。
ただ、電磁波を浴びた人すべてががんや白血病になる、というわけではなく、あくまで、可能性が高くなる、ということです。
可能性が高まるのも、長時間電磁波を浴び続けた場合に、より可能性が高まるようです。
タバコやお酒と同じですね。

電磁波を強く発生するものとして、携帯電話や、オール電化住宅の代名詞ともいえるIHクッキングヒーターがあります。
ただ、電磁波は、電気を使用しているものすべてから放出されています。
パソコン、テレビ、ドライヤー、ホットプレート、こたつ、ホットカーペット・・・etc。
あげればきりがありません。

現代の日本で生きていく以上、電磁波を浴びずに暮らしていくことは不可能です。
でも、対策方法はあります。
もっとも手軽な対策法。それは、長時間の使用は避ける、ということです。
携帯電話やパソコン、テレビは長時間使う可能性の高いものですよね?
それと、距離をとることも大切なようです。

オール電化住宅にした場合、電磁波の影響がもっとも懸念されるIHクッキングヒーターですが、毎日2時間も3時間もIHの前に立ちっぱなし、ということは可能性的に低いでしょう。
煮込み料理をする場合だって、鍋はかけておいても、自分はキッチンから離れますよね?

でも、オール電化住宅にすることで、より多くの電磁波を浴びた生活になることは否めません。
オール電化住宅の検討をしている方は、多くのメリット面を考慮し、かつ電磁波や他のデメリット面も納得しておく必要はありそうです。