オール電化住宅のデメリット:オール電化比較なび

スポンサードリンク

オール電化住宅のデメリット

これからオール電化住宅にしようと考えている方にとって、一番気になるのは、オール電化住宅にしたことでメリットだけではなく、デメリットがあるかどうかです。
オール電化住宅について、色々なところでメリットが言われていますが、はたして、デメリットはあるのでしょうか?

オール電化住宅のデメリットとして、使用する機器本体のお値段が高いことが挙げられます。
オール電化住宅の初期費用は、金額にすると、ガス器具設備にした場合の3倍から6倍にもなります。
ガス器具設備よりも高く払った分を取り戻すのにはだいたい7年以上かかるかもしれません。

オール電化住宅にすると、給湯設備はエコキュートを設置することになります。
エコキュートは家族の人数が多いほど、大きいものを設置する必要があります。
沸かしたお湯をたくさん貯めておくタンクになりますので、大きくて重い設備になってしまいます。
お湯を入れたタンクの重量に耐えられる基礎工事をする必要があります。
それから、タンクは大きいので、スペースを結構取り、邪魔かもしれません。

IHクッキングヒーターは、火を使わないので部屋の空気を汚さないように思えますが、料理をすれば水蒸気が出ますし、油もはねます。
換気扇はIH専用の換気扇を設置することになります。
リフォームですと、換気扇も取り替えなければなりません。
また、IHクッキングヒーター対応の鍋しか使えません。
ガスで使っていた鍋の大半が使えなくなってしまう可能性があります。
炒め物をするときには、鍋をゆすったりすることができませんので、料理がお好きな方には物足りなく感じてしまうでしょう。

オール電化住宅によってメリットが得られるのは、夜間の電気料金が割引になる時間に電気を使用する場合ですが、昼間の電気使用が多い家庭では、そのメリットが生かせず、かえって割高になります。
本来、光熱費を節約する目的でオール電化住宅にしたはずが結構高くついた、ということも考えられます。

オール電化住宅においての一番のデメリットは、停電してしまった時でしょう。
電気が止まってしまうと、家の全ての機能が麻痺してしまいます。
冬でしたら、暖房ができなくて困ってしまいます。
まさかの時に備えて、カセットコンロと石油ストーブを用意しておく必要があります。