レアメタル衛星探査、ボツワナ大統領と合意…甘利経産相

甘利経済産業相は11月16日、ボツワナのモハエ大統領と会談し、希少金属(レアメタル)を共同で衛星探査することなどで合意した。

 日本の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)とボツワナ鉱物エネルギー水資源省が、日本の衛星で撮影した南部アフリカの地質画像を分析し、プラチナなどが埋まっている地域を探す。

 共同声明では、ボツワナを中心としたアフリカ南部での発電所や送電線などのインフラ整備を、日本が支援することも確認した。

 甘利経産相はこれに先立ち、ヨハネスブルクで同日、南アフリカのソンジカ鉱物エネルギー相と、鉱物分野で共同事業を行うことなどで合意した。

【ハボローネ(ボツワナ)=竹内和佳子】
11月17日3時7分配信 読売新聞

Yahoo!ニュースから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000116-yom-bus_all